顔汗対策!止めるコツと『効果ありと評判の抑える制汗剤』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「少し歩くだけで顔汗だけが酷い!」「人前に出た時みっともない」「大事な時にせっかくの化粧が落ちる」など、この「やっかいな顔汗を何とかしたい!」とお悩みではないですか?

もしそうなら、安心してください。

ここでは顔汗の対策として大量に流れ落ちる汗を止める方法と顔汗が出る前に抑える制汗剤も紹介しています。

また、顔汗の制汗剤においては多汗症でワキガ(泣)の管理人が実際に使ってみた感想を交えたレビュー記事もありますので、こちらもよければ参考にしてください。

顔汗(顔面の多汗症)の対策について

そもそも原因は?

カラダが健康的な状態であれば、汗は身体全体から出るのが常です。

顔にばかり発汗してしまうという場合、その原因に、まず「運動不足」である可能性があります。

発汗のもっとも大切な役割は、体温調節です。

体温が高くなり過ぎると脳細胞がダメージを負うので、体は汗をかくことで熱を逃がしてます。

体温調節の為の汗を出しているのは、「エクリン腺」という汗腺です。

エクリン腺は、ほぼ身体全体におよそ300万個あります。

そして、その密度は1平方センチメートル(だいたい畳の半畳分くらい)辺り100~600個と言われています。

ですが、すべてのエクリン腺が汗を出しているのではなく、活発に動いている汗腺は、全ての2分の1程度と考えられます。

また、運動不足で熱の発生が少ない生活を送ると、汗を出す機会も減ることから、心臓から離れ、かつ冷えやすい下半身や腕といった汗腺は休眠の状態に入ってしまうのです。

すると、体温調節をする時は、動きの多い顔(喜怒哀楽などの表情)等の汗腺から出る汗が増加するのです。これが、顔汗を出してしまう原因です。

 

ただの顔汗と顔面多汗症の違いは?

緊張したとき、辛いものを食べたときや気温の高いときや激しい運動をした際に顔汗が出るのは、どんな人でも起こる生理現象です。

一方、こういったケースとは関係なく常時、顔汗で湿っていたり、緊張状態のときにしたたるほどの汗をかいたりする時は、「顔面多汗症」という病気の可能性があります。

顔面多汗症とは、過剰に汗をかいてしまう「多汗症」の1つで、異常なまでに顔汗をかいてしまう病気です。

明らかな原因はまだ解明されていませんが、交感神経が活発になり過ぎていることで生じるとされています。

皮膚科へ行けば診察を受けられるので、日頃の生活に支障があるほど顔汗が多いケースは、医療機関を受診するか、もしくは次で紹介する対策を試してみるのもいいかもしれません。

 

止まらない顔汗!止める4つのコツ

1:半側発汗(皮膚圧反射)

人のカラダには、体の1ヶ所を圧迫するとその近辺の汗が減り、かわりに逆側から出る汗が増えるという側面を持っています。

これを「半側発汗(皮膚圧反射)」といいます。

では、実際に半側発汗ってどうやればいいのでしょうか?

方法はすごく簡単! 基本として上半身を圧迫すればよいのですが、より効率的に汗を押さえるための容易なツボがあります。

その時の状況により一時的に顔汗をストップさせたい時は、これからご紹介するツボを押してみましょう。

 

屋翳(おくえい)のツボを押す

画像参照元:https://gogo89.com/shinnkyu-news/keikennwan/屋翳

胸の乳首から3~5センチ上(第2,3肋骨の間)に「屋翳」というツボがあります。

この部分を1~3分圧迫します。

 

大包(だいほう)のツボを押す

画像参照元:https://gogo89.com/shinnkyu-news/

 

ワキの中心点から下あたり、乳首の高さ位の所にある「大包」というツボを押します。

腕を組むように両腕を交差させると押しやすいです。

このポーズだと、親指で同時に屋翳も押せます。

また、屋翳と大包のツボを効率的に圧迫できる指圧バンドも販売されていますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

 

2:首の後ろ辺りを冷やす

なぜ汗をかくか?より、焦点を置きたいのは発汗の種類です。

発汗は大きく3つのタイプに分類されます。

その1つに、カラダが熱くなっているときに熱を逃がして体温を下げる役割を担う「温熱性発汗」があります。

この汗が生じているときは、おもに太い血管を冷やせば、冷えた血液が体の中を巡り体温を低下させるので、汗を止めることができます。

顔汗では、首の後ろに太い血管があるので、保冷剤や冷えたペットボトル、濡れたハンカチあたりでその部位を冷やすと効果が期待できますよ。

 

3:緊張をほぐす

汗には、緊張や高ぶったときに出る「精神性発汗」もあります。

よく言う「冷や汗」ですね。発汗を促す交感神経を精神的な興奮が促すことで分泌されるため、気分が落ち着けば自然とひいていきます。

ところが、汗が出ているときに「恥ずかしい」「早く汗を止めたい」といったように気にしすぎると、その気持ちが交感神経を余計に刺激することから、汗が止まらなくなるのです。

スピーディーに止めたいのであれば、さほど気にしないのが一番。

あせらずに深呼吸したりとか、気持ちを落ち着けるようにするのも重要です。 事態に合わせた対処法で、顔汗を対策しましょう。

 

4:制汗剤を活用する!

顔汗を抑えるには、制汗剤を使用するという手段もあります。個人的には、これが最も早くかつ効果があると思います。

ただし、ワキやボディの制汗剤は顔には刺激があり過ぎることがあります。

必ず、顔用の制汗剤を使用することを意識しましょう。

また、制汗剤が汗を抑えるのは、汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする「収れん剤」を含むためです。

長時間汗腺を塞いだままにしておくとお肌に負担をかけ、体温調節にも悪影響が出るため、多用は良くないです。

出先から戻ったら早急に洗い流すなど、必要必要最小限の使用法をするようにして下さい。

 

 

顔汗を抑える制汗剤!正しい選び方

顔汗を抑えるための制汗剤選びは、最低でも次の4つをクリアしているものを選んでくださいね。

 

1:汗を抑える成分が配合されているか?

当然だと思われますが、汗を抑えたいわけなのでこういった成分は必須ですね。

ただし、上記で解説した『汗腺の出口をふさいで汗を出にくくする「収れん剤」』というのは効果は抜群ですが、毛穴を塞いで汗を止めるため肌に負担をかけ、体温調節にも影響してきます。

なので、最近の制汗剤では「フェノールスルホン酸亜鉛」という毛穴への負担を少なくし、汗を抑える成分を配合しているものが人気です。

 

2:持続性のある成分を配合しているか?

例えば、ドラックストアなどで販売されている制汗剤などは、汗を止めるための成分が含まれていないものもあります。なので、できることなら持続性の高い成分配合の制汗剤を選ぶようにしてください。

そうするとで、顔汗による人前に出るときの恥ずかしさや化粧崩れなどを防ぐことができます。

 

3:化粧した顔の上からでも使用できるか?

特に女性の方は、化粧直しという機会が多いはずです。

そんな時「顔汗が気になる!」と思ったときなど、気軽に使える制汗剤を選びたいものですね。

 

4:お肌に優しく安心・安全な制汗剤を選ぶ!

敏感肌・無添加・日本製など各々でこだわりがあると思いますが、これらにこだわった商品を選ぶようにすると安全で信頼して使用できるかと思います。

 

おすすめ!顔汗に特化した制汗剤

ここでは、上記の4つのポイントを満たし、そして女性には嬉しい美容にもこだわった制汗剤をご紹介しています。

私自身、多汗症で様々な制汗剤を使ってきましたが「顔の汗に特化した制汗剤」というものは聞いたことがありませんでした。

なので、「嫌な顔汗を抑えたい」というなら試してみる価値は十分にあると思います。

 

『サラフェプラス』

基本情報
単品購入 8,480(税抜)+送料600
定期購入 5,480(税抜)送料無料
継続義務 なし
保証 25日間全額返金保証
おすすめ度 ★★★★★(最高5)

 

主な特徴

・汗を抑える成分(フェノールスルホン酸亜鉛)を配合

・お肌に嬉しい13の整肌成分配合

・合成着色料といった添加物は一切使用せず、安心と安全を保証

・朝のメイク前・お昼のメイク直しに使える

 

総合評価:30点満点;「28点」
殺菌力 ★★★★☆
制汗力 ★★★★★
香り ★★★★☆
デザイン(携帯可) ★★★★★
持続性 ★★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

購入者の口コミ(参照元:http://www.cosme.net/)

サラフェプラス、白と青のセンスが良いパッケージです。 ホワイトのクリームで伸びがよく、塗りやすい!少し清涼感もある。

ベタつかず、とても都合がいいです。 私は鼻に汗をかきやすいわけですが、サラフェプラスを塗ると、鼻汗が気にかかりにくくなりビックリ!汗をだしてもサラサラな肌を保てるなんて、とってもありがたいです。

この先の季節、大活躍しそうです! サラフェプラス、無添加との事で、一歳のこどもに顔をよく触られる私も安心して使っています(*^_^*) これからも続けていきたい商品です。

 

こちらは汗の出てきやすいところに塗布して、そのあとメイクをすると顔汗を防いでくれる顔専用の薬用制汗ジェルクリーム。

ポイントとしてはこちらに配合されている発汗量をコントロールしてくれるフェノールスルホン酸亜鉛は、汗を完全にストップ指せるのではなく、毛穴を引き締めてちょっとずつ放出する事で蒸発させてメイク崩れや汗が流れるのを制御して顔汗の流出量をコントロールしてくれるのだそう。

女性特有の悩みである「ゆらぎ」から、バランスの乱れを整える働きがいいという和漢シャクヤクエキスを配合していて、バランスを調整することで発汗が抑えられ、毛穴を引き締め肌の体温を下げる作用もあるという、和漢で人気のワレモコウエキスを配合していて、汗だけでなく過剰な皮脂をコントロールする働きも期待できます。

またお肌に優しい天然成分含有で、敏感な顔の皮膚にも安心なつくりになっています。紫外線ダメージを修復してくれる天然由来成分をバランスよく配合していて、日差しからお肌を守ってくれ、植物由来の美白成分がプラスされているのでやさしく美肌へと導いてくれるそうです。

手のひらサイズのパッケージで、フタを開けると口はちょっとだけ大き目になってます。中身のジェルは白いジェル状になっていて、ちょうど良いやわらかさなので大きな口でも使用したい分の調節がしやすいです。

少しスーッとする爽やかな香りがします。 伸ばしてみると本当に滑らかなテクスチャーでみずみずしく伸びてくれ、肌に馴染みきった後は肌は柔らかく、感触がとってもサラサラなんです。

突っ張る感じやパキパキと乾いたりする感覚は全然無くて、サラサラ感が非常に気持ち良いです♪ これからの季節にありがちな顔汗でメイク崩れの心配な方、また今年こそは何とかしたい!なんて考えていらっしゃる方に是非オススメなアイテムではないのかと思います。

 

美白クリームを基本に開発された、顔にも使える制汗剤。サラッとしたジェルクリーム。伸びがすごくいいです。

肌に優しい天然成分配合、天然由来成分、植物由来成分、無添加、薬用成分配合。化粧下地にも使用できて、毎日通常の下地として使う感覚で利用できます。

顔の汗を抑えてもらえるので化粧崩れもしにくいし、これからの季節にもちょうどかなって思います。

 

↓↓満足度97.7%を確認する↓↓

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。