足汗の原因って?足底多汗症の治療法と自分でできる対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 

靴の中がいつも蒸れたり靴下が湿っていたり(または濡れている)自宅のフローリングが汗でビチョビチョになったり「とにかく足の裏からの汗が止まらない!」と困っていませんか?

このページでは足の裏の多汗症(足底多汗症・足蹠多汗症)について原因から治療・改善策まで紹介します。足の裏の多汗症・足底多汗症(足蹠多汗症)で悩んでいるなら知っておいたほうが良い知識ですので参考になるかと思います。

足底多汗症・足蹠多汗症(足の裏の多汗症)について

足の裏にあり得ないほどたくさんの汗をかく症状です。プレッシャーを感じていたりストレスを感じているときに症状が強く出ますが、それらとは関係なく常に汗をかいてしまう症状の重い人もおります。

そして、足(主に足裏)にだけかなりの汗をかいてしまうものを、足底多汗症または足蹠多汗症といいます。 多汗症とは、文字通り汗を多くかいてしまう病気ですが、その多汗症が足の裏にだけ発生するものが足底多汗症(足蹠多汗症。以下より足底多汗症とする)というわけです。

 

主な原因は?

多汗症は、足の裏に関係なくほとんどの場合が自律神経の異常によって発症すると考えられています。 自律神経は、交感神経と副交感神経から成るもので、交感神経は主として私達が日中、円滑に動くために働く神経で汗をかく指令を出すのも交感神経になります。

一方の副交感神経は、リラックスを促進する神経で、この2つがバランスを保持することで私たちは意欲的に働いたり、心身の疲れを癒すことができる仕組みになっています。

しかし、何かしらの原因で交感神経から副交感神経へのスイッチの切り替えが正しく動かなくなると、終始プレッシャーや興奮した状態が続き汗が大量に出ることになります。 この時、足汗が大量に出てしまうのは発汗が起こりやすい部位が足裏のためです。

 

ちょっと余談話:「足先が冷え性なのに足汗をかくのはなぜ?」

一般的に汗をよくかく人は暑がりで、汗をあまりかかない人は寒がりだとされています。 しかし、これは考え違いで実は体が冷え性な人ほど発汗することがあるのを知ってますか?

手と足が冷たい人と言うと血液の流れが悪くなっている可能性が高いのですが、手足に血液が届かずに冷えが進行するとそれを阻止しようと体の末端に血液が集中することになります。

すると今まで冷えていたその部分が急に温かくなるため、その温度差で発汗に転じるのです。 「冷え症なのに足裏に汗をかく」というのは、こんな理由があるからです。

 

少し脱線しましたが、次から話を戻します。

 

足底多汗症の症状について

主な症状は次の5つです。

  • 足の裏にかなりの汗をかく
  • プレッシャーやストレスで症状が強くなる
  • 緊張などとは関係なく常時、汗がでる
  • 幼少時期や思春期に発症する割合が高い
  • 睡眠中は汗をかかない(※大脳皮質の稼働低下のため)

 

『多汗症の治療方法はさまざま!』

多汗症の主な治療法は次の通りです。

  • 塩化アルミニウム外用制汗剤を塗る
  • イオントフォレーシス
  • ボトックス注射(ボツリヌス毒素局所注射)
  • 抗コリン薬を服用
  •  精神療法・心理療法
  • 神経ブロック・ETS(交感神経遮断手術)
  • マイクロウェーブ療法
  • 反転剪除法(はんてんせんじょほう)

 

いかがですか?多汗症でもその部位や症状により治療方法が変わってきます。なので、ここからは足底多汗症に適した治療法を次から解説していきます。

 

足底多汗症(足汗)に効果的な治療法

ここで紹介する治療法は足裏の多汗症に対して大きなメリットがありますがデメリット(副作用)も理解したうえで専門の医師と相談してくださいね。

 『ボトックス注射(ボツリヌス療法)』

ボトックス注射(ボツリヌス療法)はメスを使用せずに措置できる治療法です。

ボトックス注射の手術方法

汗腺を減衰させるボツリヌストキシンを多汗を気にしているカ所に直に注射します。施術時間は医療機関にもよりますが15分程度と早く、術後から平常生活へ戻ることができます。

 

ボトックス注射のメリット

・メスを使用しないので傷跡が残らない

・短時間に処置が終了する

・副作用の心配がほとんど無い

 

ボトックス注射のデメリット

効果は短く、3か月。長くても1年ほど。

 

ボトックス注射の費用

・腋窩多汗症(ワキの下の多汗)のみ、保険が適用されます。三割負担で3万円、自費で約10万円。

 

『腰部交感神経節ブロック』

腰部交感神経節ブロックは、足の裏の多汗症に効き目がある手術法です。足裏の汗腺をコントロールする交感神経にブロック針を刺し、アルコールなどの薬液を注入することにより、『汗を出せ』という指令を遮断します。

足裏には絶大な効き目があるのですが、後述するような副作用が見られるため、個人的にあまり薦めたくありません。なので、「絶対にやる」という方は医師とよく相談してください。

 

腰部交感神経節ブロックの副作用

・代償性発汗

代償性発汗とは交感神経節を切除した事により遮断されていない部位(背中、腹部、大腿部、膝の裏側など) の発汗が増加することです。

 

・射精障害

男の人のみの話ですが、手術することで射精障害がおこることが稀にあります。

 

腰部交感神経節ブロックの手術費用

保険適用あり5,700円+入院費用。

 

『塩化アルミニウム外用』

塩化アルミニウムの20~50%水溶液を足の裏等の患部に塗布します。日中では汗で流れてしまうため、就寝前に塗布するのがベスト。

塩化アルミニウムのメリット

・汗を出す細胞に作用して汗腺内に栓を形成し、発汗を止める。

 

塩化アルミニウムのデメリット

・継続的な使用でかぶれやかゆみなどの肌トラブルが生じることがある。特に肌が弱い人はご注意ください。

 

塩化アルミニウムの費用

100gで約1000円+初診料や再診料

 

『イオントフォレーシス』

水を入れた専用の機器に手や足などの多汗の患部を浸し、30分ほど弱い電流を流す方法です。

 

イオントフォレーシスのメリット

・電流によって汗腺細胞内外にイオン変化を発生させることによって、多汗の症状が改善。

・副作用などのリスクは少なく、保険が適用されるのが魅力です。

 

イオントフォレーシスのデメリット

・即効性はなく、週1~2回継続しての通院が必要。

 

イオントフォレーシスの費用

保険適用で1回約600円

 

『3:足の裏の汗を止める!自分でできる改善対策は?』

足の裏の汗は手や脇とはまた違った悩みです。 靴を履いている場合だと靴の中が蒸れてしまい足裏状態は最悪といっていいでしょう。臭いも強くなりますし、靴も傷みやすくなります。

足の裏は手と違って常に靴やサンダルなどの履物をしているので、その対策もたてたほうがいいでしょう。足の裏はカラダの中でも手の平と同じ様にエクリン汗腺(汗を外に出す通り道)が集中した所です。

つまり汗が多く出る場所と言えます。 ですので、男性なら靴下に革靴、女性ならストッキングにブーツなどをはいて密閉状態になるとおのずと足裏の温度と湿度は上り、出てきた汗も蒸発できずに靴内にこもってしまいそのまま湿気を帯びてしまいます。

こういった状態になると足裏から出る汗を止めるのはかなり難しいですね。そこで、次で紹介するいくつかのケアをやってみるのいいかもしれません。

 

日常履く靴をケアしてニオイ・汗対策

・毎日同じ靴は履かないようにする

・当日履かない靴は、日中干しておく

・靴はまめに洗う

・通気性の良い靴下、靴を選択する

 

足裏ケアで汗対策

・朝、出勤時間前によく洗っておく

・制汗剤スプレーなどを携帯しておく

・ベビーパウダーを塗る

・足の角質を取る(フットケア)

 

足汗が軽症なら上記のケアは効果が期待できます。めんどうがらずこまめに対策を立てていけば、においも汗も止めることはできるはずです。

あなたが軽症以上なら、特におすすめなのが、「こまめに汗をふき取り、制汗剤を塗りこむ」対策です。最近の制汗剤やデオドラントグッズはすごく種類がたくさんあるので、あなたに合ったものを選べばニオイやベタつきが改善します。

また制汗剤で足汗が止まれば、リラックス効果をもたらし多汗による生理的、心理的(精神的)ストレスも和らげることができます。汗が多い事を異常に考えてしまい、それによって一層汗をかきやすくなってしまうこともあるので、あまり気に病まないことも大切です。

 

足の汗に特化した制汗剤!

制汗デオドラント商品において、「手汗」や「脇汗」に効果がある商品はいろいろあります。ですが、「足汗」を改善するために作られた商品というのは、今まで見かけませんでした。

足汗で一番困ることは、「靴の中が蒸(む)れてしまう」という点と、結果的に「ニオイが生じる」ということです。要するに、「足汗」で改善ずべき点は、「手汗」や「脇汗」とは何となく違うということです。

そう考えると、足汗対策に特化して作られた制汗デオドラント商品は、1度試してみる価値はあると思います。また、常に携帯していれば突然の飲み会や食事などのお誘いも行きやすいですし、「これがあれば安心」という心理的効果で足の多汗が改善されるかもしれません。

 

足汗用・制汗ミスト 『足サラ』

主な特徴
  • スプレータイプで多忙な朝も簡単
  • ミストでべたつかない
  • 白くなりづらい制汗&消臭効果
  • 3つの天然成分による保湿効果
  • スプレーなのですぐ塗れるから便利(いつでも、どこでも)
  • 敏感肌にも優しい
  • モニターの97.7%が効果を実感
  • もちろん足裏以外にも使える

 

基本情報
定期購入 初回から3回目まで:3480円(税別)
単品購入 5980円(税別)+送料600円(税別)
継続義務 最低3か月~
保証 なし
おすすめ度 ★★★★☆(最高5)

 

購入者の声(公式サイトより)

22歳 女性
足汗に悩まされることはこれまでになかったのですが、ここ2〜3年、年のせいか、汗が吹き出るようになってました。足サラは汗をほとんどすべて止めてくれるので非常に助けられています。それに朝はとにかくドタバタしているので、簡単に使えるのは感謝します。足の汗の悩みから開放されてホントに嬉しいです。ありがとうございました。

 

25歳 女性
足の汗がずっと気になっていた。もう湿っているというよりは濡れているというほうが良いくらいの状態・・・でも足サラに出会えたお陰で足の汗がほとんど気にならなくなってました。まだ湿っている時はあるけれどびちょびちょになるってことはなくなりました。今後、継続使用していけばもっと汗が止まるかもって願いながら使ってます♪

 

39歳 N様 女性
小学生のころから足の汗に苦悩していました。体育館で靴を脱いだりすると足の跡が付いて、見られてるかもしれないといつも気にしてました。でも足サラ使用し始めたら足がサラサラして靴を脱ぐときも気にせずにいられます。もっと早く出会いたかったです。

 

 

↓↓97.7%の効果を実感してみる↓↓

 

『足サラを実際に試してみました!!』

いくら足に特化した制汗剤でも「ほんとに足汗はとまるのか?」と疑問に感じていませんか?

私自身もそう考えた一人です。なので、実際に商品を購入して試してみました。具体的な結果は下記よりページへ移動してください。↓↓

 

足サラは本当に足汗に効果があるのか?口コミ体験レビュー!』へ➡

 

 

『このページのまとめ』

いかがでしたか?ここまで原因から改善策まで解説しました。まずはしっかりと原因を理解し、そしてあなた自身でできることからやるのが適切ではないでしょうか。あなたの多汗症が一日でも早く改善できることを願って・・・。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。