脇の多汗症!腋窩多汗症(えきかたかんしょう)原因~治療まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)って何?、原因は?対策や治療法は?保険は効くのか?など色々お悩みではないですか?

このページでは腋窩多汗症の原因や治療法などを具体的に解説しています。

また、多汗症を扱っているクリニックや治療の前にやっておきたい対策なども紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

腋窩多汗症(えきかたかんしょう)について

腋窩多汗症の原因は?

腋窩多汗症の原因は大きく分けて3つあります。

 

1:精神性発汗が原因

体温調整とは全く関係なしに、緊張やストレスが原因でドバッと発汗してしまうケースがあります。これを「精神性発汗(心の汗)」といいます。

例えば、好きな異性との初デートや仕事の重要なプレゼン、第一志望の会社の面談、人の前に出たときなど、緊張して意味なく汗をかいてしまうことが起こります。

このようなストレスが原因で、発汗を管理する交感神経に異常が生じ、脇に異常に汗をかいてしまいます。

精神性発汗をする人の特徴として、勤勉家で完璧主義、負けず嫌い、神経質の方がほとんどです。

また、この発汗は、エクリン汗腺という汗腺から出る汗で、サラッとしており成分は水分とちょっとの塩分です。

 

2:ワキガ体質が原因

ワキガ体質の人は、アポクリン汗腺というワキガが臭う原因の汗腺が脇にたくさんあり、脇汗を大量にかく原因にもなっています。

また、ワキガ体質の人は、脇汗の多汗(精神性発汗)を併せ持つの可能性が高いです。

ワキガは親から遺伝することもあるため、親がワキガと脇汗の多汗(精神性発汗)だと、あなたも同じくワキガと脇汗の多汗(精神性発汗)かも知れません。

実際、私(管理人のワキ社長)もワキガで脇汗の多汗(精神性発汗)です。父親も同様です。

多汗症が遺伝するというのは、まだ医学的な立場から証明されていないみたいですが、ワキガ体質の方は、脇汗の多汗症を併せ持つの傾向が高いようです。

多汗といっても精神性発汗なので、性格が遺伝していると言えるかもしれません。

 

3:『1と2、両者を併せ持つ』ことが原因

1の精神性発汗と2のわきが体質の両方を併せ持つことが原因で脇に汗をかいてしまう人がいます。

先述しましたが私自身、これにあたります。(泣)

このケースの人は、脇に汗を大量にかくことに加えてワキガのニオイもあり、ニオイが精神性の発汗によって強まるので日常に支障が出るケースがほとんどです。

 

腋窩多汗症の主な症状とは?

腋窩多汗症といってもどんな状態が腋窩多汗症であるか、わかりずらいところもあると思います。

そこで主な症状や状態を次にまとめました。

 

  • 暑くないにも関わらず脇汗をかく
  • 汗が多量にでてタオルが必要不可欠
  • デオドラント製品(制汗剤)がかかせない
  • 脇汗専用パッドがかかせない
  • 汗ジミがひどくて、限られた洋服の色しか買えない
  • 緊張やプレッシャーで汗の量が悪化する
  • 脇のニオイが心配でたまらない、周囲の目が不快そう
  • 脇に黄色いシミができる

上記の症状があるなら、腋窩多汗症の可能性が高いです。

 

原因が解明されていない脇の多汗症もある!

脇の多汗症でも原因が識別できない腋窩多汗症もあります。

それを「原発性腋窩多汗症」といいます。また「特発性腋窩多汗症」とも言われています。

原因がわからないのに、日頃の生活に影響するほど頻繁に脇に汗を流してしまう病気です。

 

原因が明らかな脇の多汗症!

「続発性腋窩多汗症」

前述の原発性腋窩多汗症に対し、糖尿病や神経障害の疾患や妊娠、服用している薬など、それなりの原因がある多汗症を続発性腋窩多汗症といいます。

原因があるので、その原因を治さなければ当然、多汗症も治りません。

また、続発性腋窩多汗症は、常に発生する可能性があることも原発性腋窩多汗症と違う点と言えるでしょう。

 

腋窩多汗症の治療方法は?

腋窩多汗症にも精神的なものや体質的なもの、原因がわからないものと色々ありましたが、これらの発汗を医療機関やクリニックで抑える治療法を紹介していきます。

 

・外用薬を塗る

塩化アルミニウムなどを有用成分とするお薬を日常的にワキの下に塗り続けることで、少しずつ効果があらわれます。

効果の期間は短く(数日~数週)、何度も反復して使用します。

 

・ボトックス(ボツリヌス菌)注射

交感神経から通達される汗をだす信号を、注射薬で抑止して、過剰な発汗を抑える治療法です。

*ボツリヌス菌がつくりだす天然のタンパク質を有効成分とした薬を、わきに直接注射します。

ワキ汗のレベルなどによって、健康保険が適用されるケースがあります。

 

・イオントフォレーシス

発汗部位を水道水に浸し弱い電流を流して、発汗を抑えつける治療法

 

・抗コリン薬・漢方薬などの飲み薬を飲む

塗り薬や注射薬と違い、カラダの広範囲に効果を及ぼすことが特徴的です。

塗り薬・イオントフォレーシス・注射薬で療法効果がみられないケースや、これらの治療を行えない時に試みてよい治療と認知されています。

 

・神経を切断するなどの手術する

とくに多汗症の症状が重く、塗り薬・イオントフォレーシス・注射薬・飲み薬で療法効果がみられないときに手術をするケースがあります。なお、手術は種類や条件によって健康保険が適用されます。

 

・その他(上記以外)

神経ブロック、レーザー療法、精神(心理)療法等があります。

 

保険適応について

ある条件に該当すると保険適用されるように規定されました。

その条件が、「重度の原発性腋窩多汗症」と医療機関で診断された方に限って適用されます。

正しくは、以下の項目にあてはまる時に保険が適用されます。

「局所的に過剰な発汗が明確な原因がないまま6カ月以上認定される場合」 更に、①「初めに症状がでたのが 25 歳以下であること」②「対称性に発汗が考えられること」③「睡眠時は発汗が止まっている事」④「1週間に1回以上多汗のエピソードが見られること」⑤「家族歴がみられること」⑥「それらによって通常生活において問題となること」上記の2項目以上を満たすケースで保険が適用されます。引用元:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版 。

 

多汗症を扱っているクリニック!

個人的に『切開手術はおすすめしません!』

手術は施術費用もかかりますし、傷跡も残ります。

また、わきが治療(手術)とはことなり、多汗症の原因汗腺(エクリン腺)は皮膚近くにありますので、汗腺の除去が簡単ではないのです。

そのため、手術後に傷・黒ずみ・肌の荒れなどの問題が生じるリスクが高いです。

そこで、当サイトでは切開手術を行わずに、特殊なマイクロ波で脇の汗を治療する『ミラドライ治療』を施術しているクリニックを紹介しています。

なので、重度の多汗症で手術をお考えの方で「切開手術はちょっと・・」と思っているなら参考にしてみてください。

まずは、多汗症の手術について詳しく解説していますので、そちらから読んでください。

 

→【多汗症の手術について!『脇汗に最適な治療法とは?』】のページで詳しく見る

 

 

治療や手術をやる前にやっておきたい対策!

『最も早く効果が期待できるのは制汗剤!』

制汗剤を使う事により、汗腺の汗が出てくる入り口に蓋をして汗を減少させることが出来ます。

定期的にケアをしてないといけないデメリットはありますが、一番危険性がなく、手軽ですぐに出来る方法だといえます。

 

脇汗用 制汗剤の正しい選び方

一般的な制汗剤やデオドラントは数えきれないほど種類があります。

じつは、制汗剤やデオドラントでも選定方法を間違えてしまったり使い方を自分勝手にアレンジしてしまうと臭いや汗を抑えることなどできずマイナス効果となってしまうこともあり得ます。

 

制汗剤を選ぶ時の注目点!

制汗剤やデオドラントを選ぶときは次の3つのポイントに注意しましょう。

 

1:安全かつ、しっかりと汗を止める成分が含まれているかチェック!

最近の成分の主流は「クロルヒドロキシアルミニウム(塩化アルミニウム)」を用いている制汗剤が一般的です。

これらは刺激が強い化学物質なので、かゆくなったり赤み、お肌がピリピリするような違和感を感じる傾向が強いので、私は避けています。

安全な成分として「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が含まれた制汗剤はオススメです。

 

2:安全かつ脇汗の臭いも抑えてくれる成分が入ってるかチェック!

現在、「イソプロピルメチルフェノール」という成分が主流です。

この成分は、非常に効果があり、さらに安全な成分になります。

 

3:一番大事ことは『お肌にやさしい』制汗剤を選ぶこと!

制汗剤やデオドラントの中には、添加物(保存料・着色料)などが含まれた商品がたくさん販売されいてます。

敏感肌や乾燥肌、こどもさんや女性のように肌がさほど強くない方が添加物成分入りの商品を使用すると「かぶれ」「かゆみ」「肌荒れ」が生じてしまう可能性があります。

そして、わき汗の多い人や多汗の人は お肌が強い方でも市販の商品を継続して使うことで同じような肌トラブルを起こしてしまいます。

また、長年使っていると、脇が黒ずんでしまう可能性もあります。

そのようなことを回避するためにも、できる限り「保存料」「着色料」「香料」を使っていない制汗剤・デオドラントを使用することをおすすめします。

ここ数年、デリケートゾーンにも効くクリームタイプの制汗剤も売られていて、成分や安全性に徹底した子供でも安心して使える制汗剤も登場しています。

 

脇汗を抑えるだけでなくニオイの原因も抑えてくれる、一石二鳥の制汗剤?!

次のページでは、上記の3つのポイントを満たし、さらに脇汗とニオイを同時に抑えてくれる優れものを紹介しております。

薬局や市販のものを選ぶ前に是非チェックしてみてくださいね。

 

こちらをタップ➡『脇汗を抑える!制汗剤一石二鳥ランキング』のページで詳細を見る!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。