脇汗『もう大丈夫!』目立たない服と色と素材Best3!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

脇汗で困るのが洋服選び。目立たない色や素材は?とお調べなら安心してください。

ここでは多汗症の管理人ワキ社長が脇汗がわかりずらい色や服・素材などを紹介しています。

ここで紹介するものは実際に私自身が選ぶ色と素材なので、ぜひ参考にしてくださいね。

脇汗が目立たない服と色など

脇汗がわかりずらい!おすすめ3つの素材

『1:サテン化学繊維』

吸水性には欠けるのですが、速乾性が抜群の素材です。

また、化学繊維ゆえのつるっとした見た目からもわかる通り光の反射がアップするため汗染みが目立ちにくいのです。

 

『2:ポリエステル』

汗を吸収したあとすぐに外に放出するため染みができにくく目立ちにくいです。

速乾性もイイためべた付く不安もありません。

 

『3:メッシュ』

メッシュ素材と言われるとゼッケンやユニフォームの素材を思いうかべる方が多いのかもしれません。

近頃はざっくりした編み目や透け感のあるコーディネートのトレンドもあり注目を集めています。

さらりとした着心地で通気性も良く速乾性にも抜群です。

 

脇汗目立たない色Best3!

『1位:黒、濃いネイビー』

私自身、必ず選ぶ色といえば黒と濃い目のネイビーです。

基本的に洋服というのは、汗などで濡れるとそこが色濃くなります。

これ以上濃くなりようがない色の黒がいちばんですね。

 

『2位:原色系』

濃い色は基本的に目立ちにくくオススメ。濃いグリーン・ブルー ・ 赤・オレンジ・黄色 といった原色系がいいです。

1位の黒&ネイビー程ではないのですが、濃い色なので汗をかいても目立ちにくいのは確かです。

 

『3位:淡い色』

私は上記以外に選ぶなら淡い色を選んでいます。

注意点として女性が好むパステルカラー、マカロンカラーな色は汗をかいたところがじっくり見られると目立つのでお勧めできません。

さらに、この色のトーンになってくるとワキ部分の黄ばみが残るし、頑張って汚れを落とそうとするとワキ部分だけ色が抜けてしまう可能性も大きいので極力避けた方が良いです。

 

『番外:避けた方がいい色』

【カーキ】

くすみ系 見落としがちなカーキなどくすみ系のいろは一見大丈夫そうに見えますが、汗で濡れたところがくっきり出てきてしまいます。

【グレー】

言わずと知れたワキ汗くっきりカラー灰色様です。 汗をかいた部分が綺麗に黒く浮き出ます。

 

上記の色は汗染みを作りたくなければ着てはいけない色です。

オシャレには肝心な色ではありますが、ワキ汗を気にされていたら夏の期間はお休みして他の季節の洋服で楽しんでください。

特に最も目立つのはグレーで、汗によって服が濡れてしまうと、全て黒くなってしまいます。

これは光の屈折が働くためで、原則、白は光を反射し、黒は吸収します。

洋服というのは水分を含むと、白は透明になり、黒は変化しないため、白と黒の中間である灰色が一番目立つことになります。 (灰色の生地は白と黒の糸が織り交ぜられてできたものです)

実は少しでもグレーがかかると、たとえ他の色と混ざっても濡れた部分が黒くなってしまいます。

なので、脇汗対策の場合は避けた方が良い色です。

 

柄ボーダーやお花というような細かな柄があると、変色した所以外も意識して見るため、汗が目立ちにくくなるのです。 (特に白黒ボーダーは画像を見ていると、目の錯覚を起こしそうになります):

 

脇汗がわかりずらい服 Best3

*服選びのコツ

服選びのコツとして、汗染みが目立たない色の服を選択するのはもちろんですが、服のデザインや素材、柄によっては汗染みが目立ちやすい色でも目立ちにくくなると考えられます。

 

『1位:ラッフル袖のトップス』

(出典:https://4meee.com/articles/view/961304)

このような薄手の生地でゆったりした服なら、体にへばり付きにくいので汗をかきにくく、夏をストレスなく過ごせます。

また、プリントがある服はプリント部分に目がいきやすいので、汗染み部分から視線をそらす目くらまし的な役割も担います。

 

『2位:ドルマンスリーブのカーディガンやセーター』

(出典:https://ec.fujiidaimaru.co.jp/products/detail/SWNT171110_f126-f126-d010/SWNT171110_f146-f146-d010)

このようなセーターやカーディガンも全体としてゆとりがあって汗がめだちにくいです。

 

『3位:サマーニット』

(出典:http://zozo.jp/shop/haco/goods/6220453/)

網目も大きいので風通しもよく、Tシャツよりも涼しげなのがポイントになります。

 

デザインや素材、柄の選び方で汗染みの目立ちやすい色でも目立ちにくくするのは可能ですので念頭においてください。

 

根本的なことから脇汗を改善!

上記のように素材や色・洋服に制限がある限り、本当にあなたが望むオシャレはできるでしょうか?

いっそうのこと、『根本的に脇汗を抑える対策』をおすすめします。

 

脇汗とニオイを抑える対策はこちらをタップ➡『今すぐできる脇汗対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。