困った脇汗の黄ばみ!今すぐできる汗じみの簡単な落とし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

お気に入りの白い服やTシャツがすぐに脇汗で黄ばんでしまう!

「この嫌な汗じみ、何とかならないか」と色々お悩みではないですか?

ここでは、脇汗による汗ジミの簡単な落とし方、そして「なぜ脇汗が黄ばむのか?」といった原因やその対策も解説しています。

また、紹介する対策は多汗症(わきが)である管理人が日々やっている対策なので、効果はかなり期待できるはずです。

(多汗症・わきがでない人なら、よりいっそう効果はあります。)

脇汗の黄ばみについて

何かとわき汗の黄ばみについて知っておいたほうが良い情報があるのですが、

まず、はじめに衣類についた脇汗による黄ばみをきれいに落とすにはどうすればいいのか解説します。

この方法はクリニックのドクターに教えてもらったのですが、以外に知らない人が多くて感謝されるぐらい効果があります。

すぐできる簡単な落とし方なのであなたもぜひ試してくださいね。

 

これで安心!わき汗による汗染みの黄ばみを最もキレイに落とす方法!

よくあるYシャツの襟や袖の黄ばみは、ただ単に皮脂よごれなので、酵素系の漂白剤で十分に落ちます。

ですが、脇汗によるガンコな黄ばみは、(*1)リポフスチンという色素がへばりついているために上記のような漂白剤でもうまく落とせないことが現状です。

 

(*1)リポフスチン・・わきの汗腺の細胞内消化された異物の残余物質で、加齢性色素あるいは消耗性色素とも言われている

参照元:http://www.weblio.jp/

 

『重曹を重宝しよう!』

そんな時こそ、活用したいのが「重曹」です。

重曹は炭酸水素ナトリウムとも言われ、様々なところで活躍していますよね。

例えば、パンやスイーツなどのふくらまし粉、あとは口腔内の洗浄胃腸薬などに使われ万能なものとして昔からあります。

上述した、落としきれないリポフスチンの色素(黄ばみ)にも対応するので、ぜひ活用してみてください。

 

『真っ白にする!重曹の上手な使い方』

重曹を使った脇汗黄ばみ対策はとても簡単です。

 

・重曹に少しの水を足し、ペースト状にしてこすり洗いする!

・500ml位の水に対して、大さじ1杯位の重曹を溶かしたものに漬け込む

 

「上記で述べた方法でも綺麗にしきれなかったときは?」

 

・「重曹+酸素系漂白剤」のミックス技がGood!!

 

重曹と酸素系漂白剤を1:1比率で混ぜ合わせて漂白液を作り、それを黄ばみにつけます。

その後に、しばらく放置するだけでも効果は得られますが、塗布部分を50℃くらいの温度にすることで漂白剤のはたらきを活発化する事ができます。

そしてスチームアイロンのスチームをあてる、ドライヤーの温風を当てるなどの後に、いつもと同じように洗濯機を回すだけで良いです。

 

『ここでの注意するポイント!』

この方法は極めて漂白力が強力なため、色ものや柄タイプを脱色してしまう恐れがあるのでご注意ください。

また、同じ漂白剤だからと塩素系漂白剤を利用してしまう方がいますが、この方法では高い効果が得られませんので、きちんと「酵素系漂白剤」を活用してください。

また、説明した脇汗の黄ばみを落とすやり方は殺菌効果も期待できるので、ワキにしみついた臭いを減らし、雑菌の繁殖を妨げる効果もあります。 簡単に試せる手法なので、必ず試してみてくださいね。

 

そもそも、なぜ脇汗が黄ばむのか?

嫌な脇汗の黄ばみ。これらが黄色く汗染みになるのはなぜでしょうか?

ここからは、その原因について具体的に解説していきます。

 

『考えられる原因は3つ!』

1:わきの(*2)アポクリン腺からの分泌物

アポクリン腺は、多様な脂質や脂肪酸、たんぱく質、糖質、ステロイドであったり多くの成分が分泌されそれこそがワキガ臭となると考えますが、その中に「リポフスチン」といった色素も入ってるのです。

ワキガのレベルが強くなると、この色素成分も多く出てくることになり、衣類のワキにあたる所に「黄ばみ」をつくります。

この色素による色の付きかたには特質があり、人種により違いがあります。

欧米人や黒人などの場合は、白い下着が「真っ黒」となることもあり、まれに蛍光を発する可能性もあります。

日本人のケースでは、茶褐色から薄い黄色の割合が高いようです。

 

2:デオドラント制汗剤

全部のデオドラント制汗剤が黄ばむわけでなく、面白いことに、その人によって黄ばむデオドラン剤が違うようです。

おそらく人によリ皮膚状態や細菌のタイプなどが違うので、それでデオドラント剤との反応のポイントも異なるからだと考えられます。

黄ばみの原因がデオドラント剤にあるかどうかは、すぐにわかります。

そのデオドラント剤の利用をやめて見ることです。

使用を1~2週間くらい中断して黄ばみが見られなくなったなら、そのデオドラント剤が原因となりますので、違う製品を選ぶことをオススメします。

 

3:(*3)エクリン腺の汗

このようなケースでは普通「黄ばみ」とは言わないで「汗ジミ」と考えます。

この汗ジミは、ワキガの黄ばみより非常に薄く、境目が不明確です。黄ばむ領域もやや広めです。

ところが、時にこの「汗ジミ」の色が強力になる時があるようです。

様々な要因がありますが、ここで一つ言えることは殺菌力の強いデオドラント剤の使いすぎです。

なので先述したように、まず今使用しているデオドラント剤を一時中止してみてください。

 

(*2)アポクリン汗腺・・汗を生成する汗腺の1つ、わきの下や性器周辺等に多く分布。

アポクリン腺から出る汗は栄養成分が多いため細菌が繁殖しやすく、体臭の原因になりやすくなります。

参照元:http://www.weblio.jp/

 

(*3)エクリン汗腺・・汗を分泌する汗腺の1つ、全身に分布します。

エクリン腺から出る汗は大半が水分なので、アポクリン腺から分泌する汗よりはニオイの原因になりづらいのが特徴。

参照元:http://www.weblio.jp/

 

わき汗の黄ばみが気になるあなたへ!

管理人のワキ社長の経験上、脇汗が黄ばむ場合は「わきが」の可能性が高いといえます。

そこでワキガかどうか知るために、次の簡単なチェック項目を確認してみてください。

 

『6つのワキガセルフチェック』

  1. 耳アカがベタついていないか
  2. ホワイトの洋服や下着のワキ部分が黄ばむ
  3. ワキ毛は濃いか
  4. ワキ毛に白い粉がつくか
  5. 親のいずれかがワキガ体質
  6. ワキの下に粘り気のある汗をかきやすいか

(多汗症とワキガは一緒にされがちですが、似通っているようで全く違います。体温調節や精神の状態によってエクリン腺の汗が多量に出るのは多汗症。季節や精神状態にかかわらず、粘り気のあるアポクリン腺の汗が常に分泌されているのがワキガです。)

いかがでしょうか?

すべてチェックが入ったなら、なるべく早く近くの医療機関で相談するのが改善の近道だと思います。

また、2番以外で1つでもチェックが入った方は、軽度から中度レベルのワキガの可能性が高いです。

気になるなら同様に医療機関で相談するか、次から紹介する対策をやってみるのもいいかもしれません。

 

脇汗(汗じみ)の黄ばみを改善する3つの対策!

1:わき毛の脱毛(又は短く)

脇毛があるとどうしても脇汗をきれいにふき取ることができず、必然的に黄ばみの原因になります。

できる限り脇毛は衛生的に脱毛しておくことが大切です。(短くカットするだけでも全然違います。)

 

2:黄ばみの原因になる食品を控える

特に肉中心の食事内容を避け、また脂っこいものも避けるようにします。

和食を中心にして、野菜を多く摂ることを意識しましょう。

実際にアポクリン腺の数は先天的に決まっているので、食生活によってアポクリン腺が減ることはないです。

しかし、アポクリン腺が少しある人やなかった人でも、食べ物によってアポクリン腺の一つ一つの分泌活動が刺激されて、黄ばみが悪化したりします。

なので、アポクリン腺量の悪化を抑制し現状維持するには食事を気にすることは絶対に重要になります。

アルカリ性食品は、わき汗の黄ばみ予防にはとても効き目があるので、特に考慮して摂るようにしたいものです。

アルカリ性食品の代表的はものとしては「緑黄野菜」「梅干し」「ワカメなどの海藻」「コンニャク」「椎茸・きのこ類」「ほうれん草」「大豆」「バナナ」となります。

一方であまり摂りすぎたくない酸性食品というとやはり「砂糖」と「肉」「卵」などになります。

とはいえ、バランスが求められるのであまりストイックにならず、これらを気を付けて食べるくらいで十分です。

アルカリ性の中でも『梅干し』はデオドラント効果が強いといわれるのでしっかり摂りたいですね。

梅を煮つめてつくる梅肉エキスを耳かき2杯ほど毎日摂取するのがおすすめです。

 

3:適切なデオドラント製品を使う!

わきがの臭いを抑えるにはわきがクリームや制汗スプレー等があります。

ただし、ドラッグストアなどで販売されている制汗スプレーなどは適切な成分が配合されていなかったり、制汗の持続時間が長くないため、あまりおすすすめできません。

最近は、わきがに特化したデオドラントアイテムがあるので、そういったものを選べば脇汗の黄ばみ改善が期待ができますよ。

 

正しいデオドラント制汗剤の選び方!

制汗剤やデオドラントを選択する際には次の3つのポイントに注意しましょう。

 

1:安全かつ、きちんと汗を止める成分が入っているかチェック!

最近の成分の主流は「クロルヒドロキシアルミニウム(塩化アルミニウム)」を使っている制汗剤が一般的です。

これらは刺激が強い化学物質なので、かゆみが出たり、赤み、皮膚がピリピリするような違和感を実感することが多いので、私は避けています。

安全な成分として「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が含まれた制汗剤はオススメです。

 

2:安全かつ脇汗の臭いも抑えてくれる成分が入ってるかチェック!

最近では、「イソプロピルメチルフェノール」という成分が一般的です。

この成分は、驚くほど効果があり、さらに安全な成分だと思います。

 

3:一番肝心なことは『肌にやさしい』制汗剤にすること!

制汗剤やデオドラントの中には、添加物(保存料・着色料)などが含まれた商品がたくさん販売されいてます。

敏感肌や乾燥肌、子供や女性のように肌があまり強くない方が添加物成分入りの商品を利用すると「かぶれ」「かゆみ」「肌荒れ」が起きてしまうかもしれません。

そして、わき汗の多い人や多汗の人は お肌が強い方でも市販の商品を長期的に使うことで同じような肌トラブルをもたらしてしまいます。

また、長年使用していると、脇が黒ずんでしまうこともあり得ます。

そのようなことを回避するためにも、なるべく「保存料」「着色料」「香料を使っていない制汗剤・デオドラントを使用することが重要です。

現在は、デリケートゾーンにも効くクリームタイプの制汗剤も販売されていて、成分や安全性にこだわった子供でも安心して使える制汗剤も登場しています。

 

黄ばみを抑える!一石二鳥の制汗剤Best3!!

多汗症でわきがの私は、今日までたくさんの制汗剤を利用してきました。

そして、ドラッグストアなどで販売している制汗剤のほとんどが上記のポイントに満たないと結論づけています。

なので、今回は上記の3つのポイントを満たす『安心で安全な制汗剤』を紹介することにしました。

また、脇汗を抑えるだけでなくニオイが生じる原因も抑えてくれる、一石二鳥の制汗剤なので、あなたの脇汗対策に、是非ご活用くださいね。

 

↓↓こちらをタップ(クリック)してください。↓↓

一石二鳥の制汗剤ランキング』ページへ➡

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。