気になる『おしりの汗疹』を予防!尻汗対策はこれが一番

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「おしりの汗だけが目立つ!」「お尻がすぐに汗じみになって困る!」「おしりの汗疹を何とかしたい」といろいろお調べではないですか?

このページでは、おしりの汗疹の予防対策として尻汗を止める方法や予防策を紹介しています。

また、この対策は多汗症でワキガの管理人が日々実践していることなので効果は期待できるはずです。なので、ぜひ試してみてくださいね。

おしりの汗について

多量の尻汗って多汗症なの?

あまりにも多く汗をかいて悩んでしまう。

こうした状態をいわゆる多汗症と言うのですが 、汗っかきと多汗症の違いを知っているでしょうか?

汗をかくというのは人が体温調整をする上でとても重要な点です。

人は誰でも汗を流しますよね。

では汗っかきと多汗症の違うところがどこにあるのかというと

 

汗っかきとは・・・

暑さを感じ取ったりスポーツなど体を動かしたあとや刺激の強いものを食べた際など体温調節をするために汗をかくことです。

 

多汗症とは・・・

特別これといった原因がないケースでも汗をかく体温調節が必要ない時でも汗をかくことです。

 

なので、あなた自身がどういう状態なのかということを知っておくようにしてください。

一つ心配なことは、多汗の裏側には大きな病気が隠れている危険があることです。

たとえば、汗をかくだけに限らず意味のないイライラ・動悸・急激な体重低減・下痢・汗からアンモニア臭がするというような症状があるケースでは 肝硬変や腎不全・甲状腺機能亢進症やバセドー病といった疑いがあるため、できるだけ早く医療機関で診てもらって下さいね。

 

おしりの汗!一番の原因は?

尻の汗を改善したい多汗になってしまう一番の原因の中には 汗腺が衰えてしまっているという事があります。

私たちのカラダには通常200~500万個の汗腺があると言われていますが 運動不足やクーラーといった冷房設備の充実などによって 過去に比べ汗をかく機会が少なくなってしまってるんです。

なので身体全体にある汗腺が上手く動作せず 1ヶ所から大量の汗が吹いてしまうんですね。

たとえば、暑い所から冷房の効いた室内に入ると 体は冷えを感じて毛穴を閉じます。

しかし体内には熱がこもった状態でなので 脳が汗をだしなさいと指示をする。

身体全体の汗腺が通常に動作していれば少し汗ばむほどですぐに汗は引きます。

ですが、汗腺が衰えている状態でこれを繰り返すと働いている一部分の汗腺からだけ発汗する結果となるので べたつきのある(濃度の高い)汗が多量に出てしまいます。

結果、発汗機能が次々に乱れて悪循環が生じてしまいます。

 

これで汗疹も予防!おしりの汗を減らす3つの方法

1:全身から発汗するトレーニングをする!

 

閉じてしまった全身の汗腺を再度開けてあげるのです。

そうすることで、おしりからの汗が軽減できます。

 

・湯船でトレーニング

バスタブに43~44℃位の熱いお湯を張り両手のひじから下、両足のひざから下を15分位温かくします。

この際にバス用のイスをバスタブに入れて前傾になるとしやすいです。

その後お水を足して36~38℃ほどに温度を下げて15分くらい全身浴を行います。

お風呂から上がった後はタオルできちんと体を拭いた後、その状態で汗を乾燥させます。

この時すぐに服を着ないことが大切な点です。お風呂上がりは目に見えない汗が汗腺から出やすくなっていて拭きとらず乾かす事で汗腺の機能を引き立てることができます。

 

・岩盤浴やサウナに行ってみる

全身から良い汗を流して汗腺を鍛え上げることが大切。

最初のうちはべたつきのある汗をかいたり1ヶ所からしか汗が出ないかもしれませんが汗腺が開いてくると全身からサラッとした良い汗が出てくるようになります。

岩盤浴やサウナでゆっくりじっくり汗をかくことも効果が期待できます。

 

2:有酸素運動を行う

普段の生活の中で体を動かし適度に発汗するというのも重要なトレーニングのひとつです。

代謝をアップさせて血行をよくすれば多汗の改善に役立ちます。

 

3:制汗剤を有効に使う

汗対策のアイテムといえば「制汗剤」です。

とくに、スプレータイプの制汗剤は、簡単に使用できることもありたびたび利用している方も多いかも知れません。

しかし、おしりの汗を「止める」対策として考慮するのであれば、クリームやスティックなどの「塗る」タイプの制汗剤の方がピッタリです。

塗るタイプの制汗剤は、スプレータイプに比べて持続性が高く長時間の制汗・消臭力に有効なので、お尻や太もものサラサラを維持しやすくなります。

 

おしりの汗を抑えるための正しい制汗剤の選び方

おしり汗を抑えるための制汗剤選びは、少なくても次の3つをクリアしているものを選んでくださいね。

 

1:汗を抑制する成分が含有されているか?

当然だと思われますが、汗を抑えたいわけですからこういった成分は必須ですね。

ただし、汗腺の出口をふさいで汗を出にくくする「収れん剤」といわれる成分が主流ですが、これらは毛穴を塞いで汗を止めるため肌に負担をかけ、体温調節にも影響してきます。

最近の制汗剤では「フェノールスルホン酸亜鉛(パラフェノールスルホン酸亜鉛)」という毛穴をそれほど塞ぐことなく汗を抑える成分を配合している制汗剤が人気です。

 

2:持続性のある成分を配合しているか?

たとえば、ドラックストアあたりで販売されている制汗剤などは、汗を止めるための成分が含んでいないものもあります。

持続性の高い成分を配合した制汗剤を選ぶことで、「ここで出てほしくない」という場合のおしりの汗も防ぐことができます。

 

3:何よりも肌に優しく安心・安全な制汗剤を選ぶ!

敏感肌・無添加・日本製など各々でこだわりを持っていると思いますが、これらに徹底した商品を選ぶようにすると安全で信頼して使用できます。

また、これらにこだわることは「おしりの汗や汗疹」を予防するうえで最も大切なことです。

 

おしりの汗に着目した制汗剤!

ここでは、上述した3つのポイントを満たし、そして「おしりの汗」に焦点をおいた制汗剤をご紹介しています。

私自身、多汗症で様々な制汗剤を使ってきましたが「お尻の汗に着目した制汗剤」というものは聞いたことがありませんでした。

なので、「嫌な尻汗を抑えたい!」というなら試してみる価値は十分にあると思います。

 

ヒップリップ(HipLip)

 

おもな特徴

  • ショーツのニオイ・ムレ・汗に効果的!
  • 2大有効成分(シメン-5-オール・パラフェノールスルホン酸亜鉛)が汗・ニオイをシャットアウト
  • 添加物を一切使用していないので肌にとてもやさしい
  • サラサラ感にこだわった成分が24時間ショーツの中の汗を抑制!
  • 安心の【90日間返金保証】【日本製】

 

総合評価

30点満点:「28点」

殺菌力 ★★★★★
制汗力 ★★★★★
香り(無香料度) ★★★★☆
デザイン(携帯可) ★★★★☆
保湿度 ★★★★★
赤ちゃんもOK ★★★★★

 

「購入した人の口コミ」

ダイエットに悪くないと思って自転車通勤したらものすごくお尻に汗をかきます。勤務先に着くと、おもらししたみたいになってます。

何かいい商品はないかと探し求めていたら、これにめぐりあえました。使い始めてまだ時間が経ってないのですが汗をかくのが少なくなったように感じます。もう少し続けてみます。

 

これはいいです!お尻に汗をかくことで湿疹に悩まされてきたが、痒くならずにサラッとしています。気のせいかも知れないがお尻がスベスベになった気がします。

 

ひさし振りに映画館で映画を観ました。おしり汗を意識せずに没頭できました。これまで断っていた時間を返してもらいたい気分です。

もっと早く使えばよかったと悔やんでいますが、最近なんですよねHipLipが出たのは。

 

夏は当然ですが、冬もちょっとでも暑いなと感じたり、緊張していたりするとかきます。

ビニール製のイスとかに座り込んでいてしばらくして立つと少しだけど湿って後がついていたこともあったので、それからは人前でたったり座ったりするのが不安に思っていたです・・・。

これを活用するようになってから着たい服を着ることができて少しずつオシャレが楽しむことができるようになりました。ありがとうございます!

 

 

↓↓気になる続きを詳しく見る↓↓

button-002

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。